キャンプでの服装を考える

キャンプ生活をを快適に過ごすためには、服装、装備を考えないといけません。
身軽で活動しやすくて、しかも温度差に対応でき、野外とマッチするかっこいい服装や履物を用意しましょう。

・どんな服装がいいのか
季節や期間、目的地により多少の違いはありますが、基本的な事を言えば動きやすく、活動に便利な服装を考えます。
原則は男女とも帽子や頭覆いを着用し、長袖、長ズボンと手袋も準備しましょう。

野外での自然観察や散策、登山などをする時にはサブザックを背負って荷物は手に持たずに、両手をあけるようにして地図や参考書、筆記用具などは上着のポケットに入れておきます。
指導者やリーダーはこの他に旗や笛、共同用具を持ちますから、身軽な服装を考えて上着はポケットの多いベストなどを着用すると良いでしょう。

ズボンは厚手のもので、脚部が全部隠れて膝に余裕のあるものがいいでしょう。
男子の半ズボンや女子のキュロットスカートの場合には虫刺されや傷予防のために長い靴下を着用しましょう。

野外での活動的な装備のポイントとしては、履物です。
靴下は綿製品を選んで、靴は履きなれた歩きやすいもので、底に滑り止めがあるのがいいです。

刃物を使う時には軍手をするようにしましょう。

野外活動に適した服装を心がけましょう!